個人連絡という名の業務連絡

皆様、明けまして今晩は
飲んで食べて充分に肥えましたか~

年末年始休暇から会社勤務へ行きたくない・行けぬぅ状態を
正月病というらしいのですが
五月病とどう違うんでしょう。
季節だけですかね

正月三が日過ぎましたが
毎年のごとく
初詣には、まーだまだ参っておりません海丈です。

さて今日は、こちら分家ブログで
個人宛内容という更新にて
失礼




'13.12.30.15:10メール送信下さったmm様

長い内容、ありがとうございました(笑)
じっくり拝読させて頂きました。

御相談依頼メールを頂いた時から「系統が違う」と判っていましたが
その時からもう、“純に西洋系”であり
某神社創設に関わったご先祖をお持ちであろうとも
その匂い・・・
“東洋系統”は微塵も感じられませんでしたよ。

それだけ、
以前は純粋な
西洋系オカルトで成らした人物であったということ―――
『ウィッカン』であったということです。

彼らが白ローブ姿で海丈へ姿を視せたのは
「ホワイトブラザー霊団だから」ではなく
(もしかしたら、或いはそうかもしれませんけれども)、

西洋系に得手とは言えない海丈へ
一発一目で判るよう、“そう視せた”結果です。

要するにコスプレしてくれたんですよ。

「これは我らと同じ、
白の(光と上、善き調和を目指す)ウィッカンなんだ」、

と。

ニューエイジ系以前、ウィッカンの着衣は
誰もが皆「黒フード」を纏ったということさえ
海丈は知らなかったのですから
彼らはその点を考慮し、
そんな無知に近い海丈へも、判りやすいような姿を纏って
伝えてきてくれたわけです。

相手の立場に立って、考えてみれば
理解そのものも、真実へたどり着くのが早い。
加えて、
現実的な“他への配慮”も自然に身につくものです。

これが即ち“俯瞰する”ということでもあります。

“霊視”も
アプローチ面が違えば、
本質が例え同じものであっても
本質(真実)以外のものは
いくらでも変化し、違ってくる
のです。

この経験も、いずれ御自分のものとし
生かして下さい。

スピリチュアルの学びを求める
初心者に近い人達を感化し、
教育者として生きるのが相応しい貴女の人生は、
まだまだこれからです。

ヒーラーとして2年以降は
何故かパイプライン不能になった・というのも
結局は
貴女の真の役目が「教育・感化者」であり
他人を直接治したり霊障修正したり等では無いから・・・なんです。

「他人へ教えるには、
自分でまずどんなものか実感せねばならない。
だから、実習期間として実演の期間を儲けさせ、
仮にヒーリング能力も授けた。
しかし、勘違いしてそれを主題として生きてゆくんじゃない。
本来、おまえにそこまでの力は備わっていない」


そう訴えつつ、
相談者から貰ってしまった汚れを流すことも覚束ず
悪いものを溜めてゆく一方だった貴女を
懸命に危機から助け、
救おう、本来の方向へ修正させよう、と躍起になっていた
後ろの方々には、
どうぞ重々、感謝を捧げて下さいまし。

頬がこけ、青白い顔色で、怒りのままに
貴女へ怒鳴っていた男性は
そんな苦しい状況・状態を、海丈へ知らせ視せてくれたのです。

“誰か”は、さして大した問題でないですよ。

一番大切なのは
「真実を伝える・貴女がそれを知る」ことだったのだから。

他は省くに限る。
気にしていたらまた振り回されてしまいますから。
(伝えましたよね?断捨離ですよ・笑)

とにかく無駄のないよう、
真実のみを伝えて欲しい・という彼らの要望を
海丈はそのままに伝えました。
彼らの希望を、単に叶えただけです。

貴女の霊力は他人へ施し結果を出せるほどの
大きいものではありません。

ですが、

神秘を求めて学ぼうとやって来る人々を教え、
正しい道へと感化し
精神・魂を成長させる
という、そんな素晴らしい
導く力が、大きく備わっているのです。


それがあなたの武器、
生まれ持った最大の才能
なのです。


ぜひ、がんばって
貴女だけの自ら選んだ道を邁進していって下さい。
応援していますよ!

縁がございましたら
いつかまた、お会い致しましょう!!




それでは、本日はこれにて。

画像


2014年午年この一年、
皆様、共に乗り切って行きましょうね