未婚の母の悲しみ




英国ウェールズ北部に教区を受け持つ
J.I.ロバーツ牧師
の住まいに、
ある日、年配の夫婦が相談があると訪問してきた。

「この頃、家にいると寒くて寒くて
それに・・・特に理由も悩みも無いのに
気分が何故か落ち込んで、酷く憂鬱になる
んです」

こんな言葉から始まった夫婦の相談内容は続く。

家の中が、なんと言いいますか・・・
とても居心地が悪くて

いえね、別に変な物音がするとか妙なものが見えるとか
そんなことは無いんですけれど。
ただ・・・」

ロバーツ牧師はお茶を勧め、夫婦の話を促す。

画像


「その居心地が悪い場所が、私達二人で一致していて。
それが、二階にある寝室の隣、
部屋ではなく、階段を上りきったフロアの一画なんです。
ですからそこへ入らないように
一応、つい立で隔てたりしているんですが、
寒さと憂鬱な気分は強くなっていく一方で・・・」

引っ越してきて年月が浅い、しかも老夫婦というのなら
近所づきあいの不安や気苦労があるし
人間、歳を重ねてゆけば体は冷えやすいし
心身の不調から気鬱にもなるだろう、と
ごく一般的な判断をしたロバーツ牧師は

「壁にキリスト像か十字架を掛け、
祈りを唱える毎日を一ヶ月も続ければ
問題は解決します。大丈夫ですよ」

とアドバイスするに留めた。
話を聞いてもらっただけでも安心したのか
夫婦の顔は穏やかになり、
その表情を見て、神父もホッとした。
問題が解決したような気持ちになって
帰る二人の背中を見送った。

画像


・・・が。

2ヶ月、3ヶ月たっても
牧師が提言した救済法は、功を成さなかった

挨拶すら終始うつむいて
ずっと沈み込んでいる二人を見かね、
隣人が牧師へ知らせに来たのである。

「半年前くらいまではにこやかな、
素敵なご夫婦だったのに、最近じゃ
まるで病人のように顔色悪くなって、うつむいてばかりで。
話を聞いてみたら、家の中が寒くて居心地悪くて、
今じゃ変な気配を感じるみたいで
怖くて2階に行けなくて、1階だけで暮してる
そうです。
お祈りしてるけど、酷くなる一方だ、って。

二人とも年配だし・・・
何かあったら、と、心配なんですよ。
なんとかならないでしょうか」。

些細な老夫婦の心配事、で済んだはずの相談事が
解決どころか酷くなっていたことに驚き、
改めて夫婦から詳しく現状を聞きだしたロバーツ牧師は
十字架像も祈りも効果が無く、
人の気配を感じるまでになってきた
、という状態から
専門家を伴って解決にあたることにした

問題の家に、ロバーツ牧師は
霊媒師のエルウィン・Rを同行して訪問。


画像


前もっての知識はあまり教えられないまま
招かれてドアの中へ入ったエルウィンは、
すぐさま目の前にある階段を指差し

「ここを上りきったフロア。そこが一番強い

と指摘。
老夫婦の言っていたこととズバリ一致した。

「霊がこちらへやって来ます。・・・ん?
・・・あれ、何か・・・
どうやら恥ずかしがっているようだ」

ゆっくりと階段を上り2階に来た一同は
エルウィンの言葉に耳を傾ける。

「恥ずかしがる?ってことは、女性の霊かね?」

ロバーツ牧師の質問に、頷きながら
エルウィンが続ける。

「恥ずかしい、というのは、それは、
我われに対してではなく・・・
・・・罪?罪を犯した、とかそういうようなもの・・・。
・・・ああ、そうか、違うんですね。
貴女じゃないんですね?」

そう言った後、しばらく黙り込んでいたが
小さく息をつくと

「若い・・・少なくとも中年前の女性の霊です。
名前はマーガレット・エリス
泣きながら、こう言っている。
“赤ちゃんを殺したのは、私じゃないわ”
でも、周囲から疑われて・・・
それがとても辛かったようだ


ひとまず落ち着きながら、
分かったことを説明しましょう、と
1階の居間で、出されたお茶と共に
エルウィンは話し始めた。

画像


「この家にいる霊、
マーガレット・エリスは未婚の母です。
私生児を生んだ、だから神の身元に行けない、と。
それが我々の前でも恥ずかしがっていた理由の一つ
です。
父親の名は、アーネスト・ジョンスン。
粗野な感じの・・・銅山に関わっていたようだが。
その父親、アーネストが、
赤ん坊を殺している

直接手にかけてはいないが、2人のゴロツキを雇って
自分の子供を殺させた

赤ん坊は、あの階段の上から投げ落とされた。
あなた方が妙に感じた、あの2階の一画から
落として死なせたんです


老夫婦は目を見開いて、ただ驚いていた。

「でも、地元の・・・周囲の人々は
“ゴロツキに殺された”という
マーガレットの言葉を信じなかった。

なぜならば、マーガレットは私生児を生んだ
ふしだらな女だからだ、と。

男にだらしない女だから、きっと、子供が邪魔になって
自分で赤ん坊を始末したんだ、
そう噂され続けた
・・・辛かったと思います。
泣き暮らしたことでしょう」

そして、こうも付け加えた。

「あと、“73”。この数字が気になります」

ロバーツ牧師も夫婦も
73という数字に覚えが無かったので
この場で交霊して探ってみよう、ということになった。

画像


果たして、

交霊でマーガレットとは交信できたものの、
73が何を意味するかは解らなかった。

しかし、老夫婦の優しい言葉が
さ迷えるマーガレットを救った
ようだ。

「私達は、あなたが赤ちゃんを殺したなんて
ちっとも信じてませんよ。
だってあなたは、ずっと泣いている。
赤ちゃんを心から愛して大切に思っていたから、
今もここで話してくれてるんでしょう?
神だって、許して下さってますとも」


二人揃って話しかけると、
数分たたずに
エルウィンが彼女の様子を伝えた。

「ああ・・・いい笑顔だ。微笑んでいますよ。
今は涙の跡さえ無くなってます。
薄くなってゆきます・・・。
・・・消えました。あの階段の一画から。
もう霊はいなくなりました」


交霊会が終わった後、
ロバーツ牧師とエルウィンを
玄関で見送ろうとした老夫婦が
にわかに言った。

「あれ?なんか、家の中が暖かい・・・」。

画像


その日以来、
老夫婦の家の中は寒さの欠片も無くなり
居心地も申し分なく良くなって、
平和で穏やかな暮らしに戻ったそうだ。

そしてロバーツ牧師は
他の教区牧師に この件のあらましと共に
調査と情報の提供を依頼


その結果、確かに
マーガレット・エリスなる人物が
1873年3月27日に埋葬されていることがわかった。

享年76歳と記録されていたそうだが、
それ以外は
残念ながら裏づけを取れなかった。

しかし、“73”の見当はついた。

彼女が没した年――
1873年の“73”を示していたのだ。


ロバーツ牧師は後に
こんな感想を漏らしている。

「複雑で重い相談の時、
私は霊媒のエルウィンと協力するのだが
その中でも、あのマーガレットは
とても人間らしい幽霊だった。
あんな霊に遭遇したのは、私は初めてだったよ」。

画像


それにしても

一人の女性の霊が
悲嘆にくれ、狭い場所で約100年間も
泣き続ける羽目になってしまったのは

私生児を産み落としたからか?
父親がしでかした残忍な非情行為ゆえか?
それとも周囲の無理解による冷たい仕打ちのせいか?

いろいろと考えさせられる心霊事件だ。


これは、比較的近年の

1983年に起こった、
英国での実話である。



物体エネルギー撮影の発明者(後編)



キルリアン・フォト・マシン(キルリアン写真機)は
戦後、特に1970年代に入ると大々的に知られるようになり、
世界各国で使用されてゆく。

米スタンフォード大学、NY州立大学、カリフォルニア大学、
西ドイツフライデルブルグ研究所、チェコのカレル大学etc.etc.



こうして各国一流大学や教授、世界の科学者が
こぞってキルリアンを用いて研究したのは
主に、病気の発見や予防という医学関係分野であった。

理由として、

植物の種を無造作に並べて撮影したキルリアン写真で
光を発していない種は
90%以上の確率で発芽・成長しなかった
という実験結果や、
入院患者の指先を撮ったキルリアン写真には
どれも放射光が乏しくまばらで、特に内臓疾患者は
黒い点状のシミのようなものが写る
という報告が数多かったこと、
突然怒鳴られ続けた人間や、
ヘビやカエル、虫などの苦手な生き物を見せて驚かせた状態
手を撮影すると、光の放射が少なく、いびつな写りが多かった

などの研究報告が知られていたからだろう。

画像

さて。

この肝心のキルリアン写真に写る
謎の放射光の正体
は、一体なんであろうか。

真っ先に支持された説は
神秘的な光の形状から
初期はW.J.キルナーが研究発表した【オーラ】だとされたが、
キルリアン写真に写る放射光は
人間以外の動植物だけでなく 歯車や釘、コイン、紙などの
無生物体にも発生していることから

光の正体は【オーラ】ではなく、
物質そのものが持つ何らかのパワーエネルギー
であり
人間や動植物などの生体が映すキルリアン効果の光は
【生命エネルギー】というべきもの
ではないか・・・


それが、支持派の定説となっていった。

画像
葉の上部を切り取って写したキルリアン写真。
切り取られているのに、元の形のまま枠組みだけ光っている。
この現象は『ファントム・リーフ』と呼ばれた。


一方、
キルリアン写真をただの手品扱いしたり
オーラとか生命エネルギー以外の放電現象だ、とする
懐疑派の根拠・主張としては
「装置から発せられる高電圧が被写体に付着している水分・湿気と共鳴し、
コロナ状の放電を発生しているに過ぎない」

というものだ。

その証拠として、キルリアン写真撮影で
たとえば指先を写す時、電極面に押し付ける力を
ちょっと変化させる
だけでも放射光が変化するし
また、被写体に変化が無くても
電圧の違いで、いとも簡単に放射光が変わってしまう
・・・
という、検証結果がある。

確かに、
懐疑派が示した“湿気(水分)と電圧”いかんで
キルリアン写真は放電の仕方が違って撮影されてしまう
ので、
仮に肯定派の押す「生体エネルギーやパワー」を写し出しているにしても、
生体エネルギーの情報を“正確に”写したものとは、
残念ながら、言い難い

画像

だが、
電圧・温度・湿度などを
正確に管理した同条件の室内でキルリアン撮影をした“水”などは

天然水と水道水とで、明らかに
キルリアン効果の違いが大きく出ている、という報告もあり
完全に論破が成り立ってはいないのだ。


画像
常人が精神統一した時のキルリアン写真

画像
チェコの女性念動力者・Pのキルリアン。
右が通常時のもので、左が念力発動時のもの。
念動力者は通常時からすでに常人とは光の放射状態が全く違い、形も鋭い。


何よりも、常人とは異なる能力を持つ
サイキック能力者―― 中でも、
念動力者の指先などを撮ったキルリアン写真は
今回に上げた画像のとおり、
凄まじい稲妻のような形を放ち、且つ、放射の幅も
常人が精神統一したものとは比べ物にならないほど大きく
広がりがあり、光の強さも違いすぎる


画像
20世紀サイコキネシスの女王と呼ばれ、
旧ソ連を代表した念動力者ニーナ・クラギーナのキルリアン写真。
放射光が満遍なく現れており、幅もある。


画像
画像
米国を代表した念写能力者テッド・セリアスのキルリアン写真(上下)。
まるで太陽のコロナのような激しい放射光である。
光が所々抜けているのは、アルコール中毒であったのが原因か。


これを
「体温が人より高め」「水分が多い体質」
などの理由で片付けてしまうのは、
少々無理がある
だろう。

結局、キルリアン写真が捉える
“物体の持つ放射光”の正体と謎は
未だにハッキリとした結論が出されていない


画像
あまりにも有名なサイキッカー、ユリ・ゲラーのキルリアン写真。
強く大きい能力がそのまま現れたような放射光。
右が通常時だが、上記の常人とはもはや比べ物にならない程すさまじい。
左が念力発動時。この放射光を見れば彼が尋常でない能力者であることがありありと分かる。


ともあれ、

このキルリアンフォトが世界中の話題となった後の
1980年代に入ると
米国の電気技師であった、コギンズが

キルリアン写真に深い感銘を受け、
オーラそのものを映し出すという撮影機を発明した。

キルリアン写真機とは異なる光電システムの物だが
対象者(被写体)とオーラを一つの画面で
普通のカラー写真のように撮影できる。

画像
(G.Coggins/USA)

それは
日本では『オ-ラビジョン・カメラ』の名で知られており
現在も、日々改良・進化し続けている。


物体エネルギー撮影の発明者(前編)



セミヨン・ダビトビチ・キルリアン。

旧ソ連出身の苦学生だった彼は、
独学で電気技師の資格を取り、
ある一病院内での保安係兼電気技師として勤務していた。

画像
(Semyon. D. Kirlian./1898.02.20.–1978.04.04./Russian)

時は1939年
電気療法に使う高周波装置器を修理していたとき
のこと。

不注意にも電流が通じている電極に手を近づけたキルリアンは
電流によるショックを受けたのだが
その瞬間、
放電によって、明るく輝く光を目の当たりにする

この現象に好奇心が沸いた彼は
感光物質を、そこに置いたらどうなるのだろう?
・・・そう思い
自分の手を感光紙の後ろへ当てた電極に触れた状態のまま
写真を撮ってみた


これを急いで現像すると、そこには
被写体として写っている自分の指先の周りから
ボウっとした不思議な光が放出されている
のが写っていた
のである。

単なる好奇心でやってみた小さなことが予想外の結果を生み、
写り込んだ正体不明の光に魅了されたセミヨン・キルリアンは
同じく好奇心の強い元新聞記者であった妻、ヴァレンティナと協力しあい
この不思議な光体を写し出す電気機器の研究へと没頭
してゆく。

画像
ヴァレンティナ・クリサノーヴァ・キルリアン
(Valentina. K. Kirlian./-1972./Russian)


そうして研究が進むにつれ、
興味深い事実が次々と判明する。

たとえば、
木からもぎ取ったばかりの葉っぱを写すと
葉の周囲を縁取るように明るい放射光が写る他、
表面には、無数の光の点が散らばっている

しかし数日後に同じ葉を撮ると、放射光の幅は小さく薄くなり
表面にあった光の点は無くなって
しまう。
また、
コインなどの金属や無生物を写してみたところ
萎れる寸前の葉のように微量な光が周囲を囲ってるだけで、
光の点などは微塵も写らない。

画像
金属製のコインを縁取るような放射光。

さらに、人間の手を被写体とする研究上で
キルリアン夫妻は驚くべき事実を発見する。

体調が悪かったり、気分がすぐれなくて
不安定な精神状態の人間の手
を撮影すると、
健常者の手に比べて放射光が弱く
現れ方も所々抜けてたり放射の幅が波打っていたり・・・と
光の放射具合が、だいぶ不規則に写る
ことが判ったのである。

これについてはキルリアン自身も
偶然ではあったが、撮影して確認している。

機器の撮影コンディションを見るため、
ある日 いつもの通り自分の指先を試し撮りした彼は
普段の指先放射光の様子と違い、
酷く不揃いで放射幅も小さいのに驚いた

だが、その時は特に体調の崩れを感じていなかったので
首を傾げる程度でそのまま済ませたが、
なんと
その日の夕方から急激に体調を崩し
悪性の風邪を患い、寝込んでしまった
のである。

こんな彼の体験や数々の実験・研究により
どうやらこの正体不明の放射光には
植物や人間など、生命体の健康状態を知る
なんらかの相関関係
が含まれている

考えるに至った。

画像

この放射光を、もっとスムーズに撮影するため
1940年代、
キルリアン夫妻は専門の撮影機を開発


その撮影機で写し出された写真が
世に名高い『キルリアン写真』であり、
撮られた独特の放射光をさして
『キルリアン効果』と言われる
ようになる。


この撮影機は、X線や赤外線などは使用しないが
レントゲン撮影のように接触露出原理を使って撮影
する。
なので、
被写体のサイズに合わせて撮影機のサイズも
持ち運びできるものから大型のものまで、多種ある。
撮影は暗室内で行われ、
15,000から60,000ボルトの高電圧で
なおかつ低アンペアの電流を作り出す装置高周波発生板に
写真の感光紙または生フィルムを置き
その上に被写体
―― 手とか足とか、葉、コイン等――
の、物体を数秒間乗せておく。
あとはその感光紙かフィルムを現像するだけ

キルリアン写真は撮影できる。

セミヨンとヴァレンティナは
第二次世界大戦のまっただ中でも屈せず研究を続け、
1960年代には
ソ連政府から研究助成金を得るまでになった。