テーマ:心霊

届かない声

前回に引き続き、この件も ロバーツ牧師と霊媒師エルウィン・Rが 関与したものである。 英国ウェールズのアングルシ島で暮らしていた 農業を営むブライアンと妻のベサンは 2人目の子供が産まれたとき、 家計が逼迫してきたので 家業だった農業をやめ、安定した賃金を求めて 工場へ働きに出ることにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未婚の母の悲しみ

英国ウェールズ北部に教区を受け持つ J.I.ロバーツ牧師の住まいに、 ある日、年配の夫婦が相談があると訪問してきた。 「この頃、家にいると寒くて寒くて。 それに・・・特に理由も悩みも無いのに 気分が何故か落ち込んで、酷く憂鬱になるんです」 こんな言葉から始まった夫婦の相談内容は続く。 「家の中が、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異界探求の継承者 ⑤(最終話)

宮地水位の異界探訪は、40歳まで活発に続いたが 加齢と共に、徐々に通力が縮小してゆき 1904年(明治37年)3月2日 53歳での帰幽をもって終わりを告げる。 一度、30代後半で大病を患ったが奇跡的に回復。 その後、5度目の改名で名を『再来(よりき)』とし、 これがこの世での最後の名となった。 晩年の5年間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異界探求の継承者 ④

父(宮地常盤)の死後も、 水位の生活は変わらなく続く。 むしろ盛んになっていったのかもしれない。 宮地水位の飽くなき探究心は枯れず 高級神仙界からありとあらゆる異界・幽境78区界―― 神界・霊界・幽界・山人界・異国霊界・邪鬼浮浪界・罰霊界 ―― 等々、 実に数百回に及ぶ見聞を行った。 異界へ赴く方法は時と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異界探求の継承者 ③

「我神通霊力は父譲り、父が厳格なる修練薫陶の賜物なり。」 水位は時々、これを口にしていた。 単なる遺伝の幸運として 生まれながらに備わった霊能力に甘え、溺れることなく、 さらに研鑽し、学び、誠実に、 神明の道を進んでいった、彼の謙虚な姿勢が伺える。 そんな水位であったから、 彼を指導する師も、第一級の存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異界探求の継承者 ②

少名毘古那神(スクナヒコナノカミ)。 大国主神(オオクニヌシノカミ)の国造りを補佐し 主に、医術と呪(まじない)を伝えた神として知られているが それ以外、この日本では 他にどのような神徳を持ち、活動をしたのか 明らかにされておらず、詳細が謎に包まれた神である。 だが、その神格は非常に高いらしく、 辿れば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女は帰った、あの場所へ。

奇妙な事件は 1964年、イタリアはローマで商売をする ある画商が持っていた一枚の絵から始まった。 その絵は、背景の中で 一人佇む少女が描かれたもの。 作画家はムニロム。 7月のある日、店を開けようと 軽く掃除をし、窓のシャッターを開け 店内を明るくして 配置された絵をいつもの通り眺めたところ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メーテルリンクの住まいには・・・。

モーリス・メーテルリンク。 言わずと知れた、世界的に著名な 1911年度ノーベル文学賞受賞作家である。 (日本でも、登場人物チルチル&ミチルで とてもよく知られている、 『青い鳥』の作家さんです。) (Maurice Maeterlinck1862.08.29.-1949.05.06./Belgium) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁じられた中世魔術(後編-下)

陽が傾き始めた夕刻前。 教会に非難していたオリバーが自宅に呼び戻され エドとロレインに対面。 挨拶もそこそこに 「この鏡ですが・・・」 とエドが口にした途端、 オリバーは目に涙を浮かべながら こう言った。 「俺にはどうすることも出来ない。 今こうして、その鏡を見てるだけでもう・・・ 怖くて震え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁じられた中世魔術(後編-上)

エド・ウォーレン&ロレイン・ウォーレン。 全米で、この夫婦ほど名を馳せた 霊能者ペアはいないだろう。 彼らが有名になったのは 心霊調査や事件に関わってきた実歴の多さもさることながら それらが非常に重い事件・・・ 悪霊・悪魔が起こす心霊事件が主だったからであり、 各事件のあまりに濃い内容が 話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁じられた中世魔術(中編)

自分の願望が、そのまま現実になる力。 それを手に入れたオリバーは有頂天。 人生詰んだ冴えない45歳独身男が運命を大逆転させたのだ。 まさにこの世の春だった。 何から何まで自分の都合のいいように 未来を操作してゆこうと考えた彼は、 気に入らない人物に怪我をさせるどころか 徹底的に破滅させることも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁じられた中世魔術(前編)

オリバーは詰んでいた。 シケた仕事、 飯を食ったら無くなっちまうみみっちい給料、 ローン返済で酒も満足に飲めねえ。 遊ぶどころか女もいねえ。 人生なんてクソくらえ。 毎日そんなことを思いながら ただ生きているだけの生活にウンザリし、 帰宅してゴロ寝していた ある夜。 仕事場の女どもが話して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺跡に潜む恐怖(後編)

その夜、 トロイ遺跡の観光をたっぷり楽しんだSさんは ある夢を見た。 レンガや建物の崩れた破片、石が散乱している 遺跡の広場。 トロイ遺跡の一部、円形状の広場の ほぼ中央に自分は立っている。 だが突然、 人間の背丈ほどあろうか、と思うくらいの 大きな翼が自分の頭上めがけて突進してきた。 「うわっ!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺跡に潜む恐怖(前編)

ギリシア神話上で、有名な一話に トロイア戦争がある。 ギリシア軍が、10年間にわたる戦争の末 難攻不落のトロイ城壁を破るため一計を案じ 巨大な木馬を作って トロイ軍を内側から攻撃するのに成功、 長い大戦争に、ようやく終止符を打った・・・という話。 日本人もよく知っているこの話は、 最初は誰もが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うかび」の啓示「まとう」の信 (後編)

神がかる前の千代子は 夜なべの縫い物仕事を夫の知らぬ間にし、 家計の不足を補いながら 夫の名前で実家へ仕送りをしていた。 夫からは終始 極々僅かな生活費しか渡されず、その中で 「食事は常に三品揃えろ!」との横暴に従い 自分の分は削ってでも夫につかえ、 徹底して物を大切に使い、非常につましい生活を送った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うかび」の啓示「まとう」の信 (前編)

1887年(明治20年)10月3日。 兵庫県氷上郡小川村(現・丹波市)に 一人の女児が誕生した。 名を千代子という。 病弱な母と 近所の氏神を熱心に信心するが 商売がどれも破綻して生活力に乏しい父。 そんな両親の元に生まれ、 11歳に母が病死してから兄弟達の世話や家事に追われるという 子供らしい時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなのっぽの古時計~ただしカナダ版に限る~

カナダのマニトバ州、ウィニペグに住むステファン。 彼の家には、 とても立派な振り子時計があって、近所で有名だった。 その時計は 【グランド・ファーザー・クロック(おじいさんの時計)】 と呼ばれ、 高さ6フィート(約183cm)以上ある、木箱入りの床置き大型振り子時計。 代々、男の血筋が受け継いできたとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

従兄弟のジョンはコノウトリ

夫の研究職のため、 一緒に南アフリカへ移り住んだマーガレット・リー。 仕事内容は主に、トランスケイ地方の伝道団体病院で作業療法を指導すること。 マーガレットも時折、助手として参加していたが、それが無いときは 家猫ティビーと 荒削りの分厚い石壁に小さなカップボードが埋め込まれたリビングルームのある、 草葺屋根の丸い一戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超能力者パットフィールドの軌跡(後編)

どんな超能力(霊能力)でもそうだが 力を行使するときは、 尋常を超える深い集中力が不可欠であるから それだけでも負担は重い(勿論、程度によるが)。 そんな状態のときに サイコメトリや透視(または霊視)が伝えてくる 記録(または記憶)情報が酷くショッキングなものであると 当然のことながら、ダメージは凄まじく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超能力者パットフィールドの軌跡(中編)

そもそもパットフィールドは 幼い頃から自分が持っている能力について気がつき、 特にそれを疎ましく思うことは無かったという。 子供の頃に住んでいた 英国ウェールズ州サマセットの家は 幽霊屋敷として有名な一軒家だった。 そこで起こった、覚えている怪奇現象は 主にポルターガイスト現象で 物干し台が洗濯物ごと突然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超能力者パットフィールドの軌跡(前編)

S.パットフィールド。 英国のニューフォレスト近くに住む 一般家庭の主婦である彼女は、また、 現代英国を代表する優れた超能力者であり 霊能力者でもあった。 その能力は、10年以上にわたる詳しい検証で 実証されている、確かなものだ。 彼女は18歳のとき、 ある古城跡の考古学調査に参加したのだが そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆行催眠での転生調査

1990年代、米国の著名な精神科医である J.ホイットン博士は 30人に逆行催眠調査を行った結果、 生まれる前の世界に関する記憶に 幾つかの共通点を見出した。 「人は死ぬと、死後の世界に入るが その瞬間から次の人生に向けた・・・すなわち、 生まれ変わるための “準備段階”が始まるようなのです」。 それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物の霊に想う

米国の著名な心霊研究家である、 S.スミス氏は 人霊だけでなく、動物霊に関しても 100件以上の事例を直接取材したと言います。 その中でも、 印象深いよくあるパターンを紹介しますと・・・ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埋もれた心霊考古学

1908年。 英国南部グラストンベリーにある 「聖マリア・ベネディクタイン修道院」跡を 発掘調査することになった。 この場所は、 アーサー王伝説に纏わる キリスト教以前からの宗教遺跡があり、同時に 最初にキリスト教が伝わったという かつては何百人という僧が集い生活した、 一大宗教センターがあった。 が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝奇と霊に佇む城

英国の幽霊城として、つとに有名な グラームス城。 スコットランドのアンガス州にあるこの城は 14世紀、 ロバート2世王の王女とジョン・ライアン卿の結婚祝いに 王から賜れた城である。                         (Glamis Castle) 代々ここの城主を務めていたのは スト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与えられた探視法・後編

『波』。 この一言が降りてきたとほぼ同時に、 すべてが解りました。  ―――あ、霊じゃない。霊障じゃないわ、これ 引っ張られたり離したりの繰り返し感覚は 何を示してるのかまだ憶測だけど、 でもずっと埋まってるように動かない、 この頭の“重さ”は・・・、 これは、多分、あの女の人の頭の・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与えられた探視法・前編

「霊?昔はよく視てました。 今は視ないようにしてますが、でもたまに遭っちゃいますね。 大概は“人格の無い”もの・・・ なんというか、ホログラムみたいなものなんだけど 稀に“人格のあるもの”に遭う場合もあります」 某記者のインタビューに答えていた、 現在も活躍しているという とある日本人スピリチュアル・セラピスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死後研究者の霊界通信

英国ケンブリッジ大学 トリニティ・カレッジの有識者によって 世界的に名を馳せる、スピリチュアル専門研究機関 『英国心霊研究協会(SPR)』 が設立されたのは、1882年のことである。 このSPR創立当時、 主要メンバーの一人だったのが フレデリック.W.H.マイヤーズ (Frederick.William.H…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言霊発動・三つの条件(その1)

言霊(または、音霊)は、 「意識」ではなく、 人の「無意識」を介して影響力を行使する。 言霊の“力”を、大きく生かすには まず第一に “善い言霊の波動環境”に居なければならない。 そうすることで 言霊の力は、 その人の運気を良い方向へ導くべく作動する。 言霊のパワーを発揮させようとして いくら発声して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天への感謝、水の徳

『水』には、以下の働きがある。  1.流れ下って潤す  2.万物を平らかにする  3.物事を締めくくる  4.蔵する 『水』が本性を失うと、 これらすべての働きが狂ってくる。 1.「流れ下って潤す」・・・この働きが狂うと 根気・胆力・忍耐力などが薄れ、 集中力が欠けてくる。 心身のバランスはてきめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more