テーマ:オカルト

クリスタルを大切に

ありがたくも古くから当ブログへ訪問、 閲覧されていらっしゃる方はご存じかも知れませんが、 海丈晃の趣味の一つがお絵かきでして。 そのジャンルは いわゆるマンガ絵だけだと思われているかも知れませんが でもどっこい、 普通に装飾イラストや人物描写なども 楽しんだりしているわけでして・・・ ある日、古い雑誌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルに伝わる怪光現象

ブラジルに在住する、 シンシア・Rの不可思議体験。 彼女は中堅の実業家で 手狭になった住居から、多少田舎でもよいから もう少し広い家を・・・と思って探し当て 購入した66エーカー(約80,800坪)の土地は、 何故か格安であった。 破格の安さの理由は、 いわずもがな その土地に幽霊が出るからであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メイドが起こした騒霊現象

1867年、7月3日。 米国マサチューセッツ州の広いお屋敷に アイルランド系の少女が 住み込みのメイドとして雇われてきた。 だが、このお手伝いの少女 メアリー・キャリクが 屋敷で働くようになってまもなく 怪奇現象が多発するようになった。 お屋敷には 奉公人を呼ぶためのベルが 家中に設置され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなのっぽの古時計~ただしカナダ版に限る~

カナダのマニトバ州、ウィニペグに住むステファン。 彼の家には、 とても立派な振り子時計があって、近所で有名だった。 その時計は 【グランド・ファーザー・クロック(おじいさんの時計)】 と呼ばれ、 高さ6フィート(約183cm)以上ある、木箱入りの床置き大型振り子時計。 代々、男の血筋が受け継いできたとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

従兄弟のジョンはコノウトリ

夫の研究職のため、 一緒に南アフリカへ移り住んだマーガレット・リー。 仕事内容は主に、トランスケイ地方の伝道団体病院で作業療法を指導すること。 マーガレットも時折、助手として参加していたが、それが無いときは 家猫ティビーと 荒削りの分厚い石壁に小さなカップボードが埋め込まれたリビングルームのある、 草葺屋根の丸い一戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投げた不幸とその結末(後編)

女の巨体と堂々とした雰囲気に圧倒されながら、 緊張しつつデイビッドは 僕に呪いをかけた人が誰か知りたくて来たんです、 と言うと、祈祷師は 「呪い?思い込みのアテ推量で来られちゃ迷惑だ。 それは確かなんだろうね?」 探るような質問を返してきた。 からかい目的で来たんなら承知しない、という 僅かな恫喝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投げた不幸とその結末(中編)

エドナが頼んだ“白い外壁の小さな家”に住む 黒魔術師の家は、数件の候補まで絞り込めたが デイビッドに掛かっている呪いの効力が邪魔をするのか ハッキリと突き止めることが出来なかった。 そこで、友人のアドバイスで エドナ本人を誘い、連れ出す作戦をとったのである。 「風で飛んで失くした靴下の話をしたら 僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投げた不幸とその結末(前編)

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに住む デイビッド.S.C.は、米国のオカルト研究家。 比較的治安のよい地区のアパートでメイドを雇い 悠々快適な独身暮らしであったが、 仕事や恋人の都合で 帰国し、結婚することになった。 メイドにはそれを伝え、次の紹介先を探してやり 帰国準備を整える毎日であったが・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆行催眠での転生調査

1990年代、米国の著名な精神科医である J.ホイットン博士は 30人に逆行催眠調査を行った結果、 生まれる前の世界に関する記憶に 幾つかの共通点を見出した。 「人は死ぬと、死後の世界に入るが その瞬間から次の人生に向けた・・・すなわち、 生まれ変わるための “準備段階”が始まるようなのです」。 それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝奇と霊に佇む城

英国の幽霊城として、つとに有名な グラームス城。 スコットランドのアンガス州にあるこの城は 14世紀、 ロバート2世王の王女とジョン・ライアン卿の結婚祝いに 王から賜れた城である。                         (Glamis Castle) 代々ここの城主を務めていたのは スト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4度の惨事から逃れた男

1982年2月8日未明に発生した、 東京は赤坂で発生し多数の死傷者を出した 【ホテル・ニュージャパン大火災】。 当時、 このホテルの9階に宿を取っていた彼は 友人と夜遅くまで飲み、 ほろ酔い気分でホテルへ帰って、愕然とする。 激しい炎が渦巻き、熱風が襲ってくる眼前の信じられない様を見て 足元から体中がガク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮影された天使

スペイン、マドリードにある 世界遺産に指定されている世界的な有名観光地、 エル・エスコリアル。 (王立エル・エスコリアル聖ロレンソ修道院) その昔、 天使や幼きイエスの出現を受け 空中浮揚などの奇跡を起こし 堕落していた修道会の改革を行った、大聖テレジアを生んだ アヴィラにも近い聖地である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“相”による予知

1914年。 一英国仕官であった、O.シットウェル氏の日記には こんなことが書かれていたそうです。 所属部隊はそれぞれ違うが 同じ英国仕官の、よき友人達が ある日数人で集い、連れ立って “あのチャーチル(当時は首相ではなく大臣)も 時々占ってもらっている” という、 さる高名な手相占い師が町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇妙なドラマ再放送

あまた溢れるSF小説作品群の中でも、 古典的SF小説の名作として、今でも光を放つ H.G.ウェルズ著作SF小説、『宇宙戦争』。 (Herbert George Wells, 1866.9.21.~1946.8.13.英) メディア展開として 日本では9人もの翻訳版が刊行されており 映画では1953年度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎に漂うミイラ船

1948年2月。 インド洋の北方、 アンダマン海一帯を航行中の船が 緊急無線を傍受した。 「SOS・・・SOS・・・こちら、オーラン・メダン号 緊急事態発生!緊急事態発生!S0S・・・至急、救助を・・・」                     (Ourang Medan) 発信しているメダン号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画のベースとなった悪魔憑依事件

アメリカ、ジョージタウンに住む ある13歳の少年の部屋から、 カリカリと引っかくような音や 壁を叩くような原因不明の音が聴こえたのは 1949年1月15日、深夜。 それを契機として、 その少年と家族は、翌日から 矢継ぎ早に、怪奇現象に見舞われることとなる。 車で外出すれば、エンジンがかからない ブレーキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒衣の僧霊とポルターガイスト

1966年9月。 イギリスのヨークシャー州、 イースト・ドライブ30番地にある、プリチャード家。 15歳のフィリップと祖母のセアラ、 2人きりで留守番をしていた、ある夜に 何の前触れも無く、その怪奇現象は幕を開けた。 他の家族が休暇で出かけている間の留守番として 静かにのんびりと過ごすはずだった2人は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空の事故、不思議な重なり

年末期に入ってから、またもや 飛行機事故が起こってしまいましたね。 2014年の1年間で  ・3月8日 マレーシア航空370便 消息不明  ・7月17日 マレーシア航空17便 撃墜  ・12月28日 エアアジア8501便 墜落(詳細不明) マレーシア国の機体が 大規模な墜落・不明事故を起こしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不都合な分身

一人の人間が 同時に2箇所で現れる現象を 『バイロケーション(Bilocation:複所在)』 または、 『ドッペルゲンガー(Doppelgänger)』 と言う。 この不可思議な現象は、 古今東西でよく知られており こちらで以前紹介した、世界の大文豪・ゲーテの例を見れば 「自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの予言書

『アガスティアの葉』。 一時、大ブームを巻き起こした このインド版予言書の名を覚えている方はいらっしゃるだろうか。 日本の芸能人らが、こぞってこの予言を試みた為 たいそうブレイクしたものだったが、 かれこれ10年以上は経っているので 『アガスティアの葉』という言葉そのものを、 初めて聞いた・・・という方も、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルターガイストの謎

ポルターガイスト(Poltergeist)。 この言葉は、ドイツ語で  ・「騒がしい」という意味の“polterm”  ・「霊」という意味の“geist” を組み合わせた造語である。 この言葉をつくったのは、 宗教改革者として、つとに知られている マルティン・ルターだと言われている。 誰も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死後研究者の霊界通信

英国ケンブリッジ大学 トリニティ・カレッジの有識者によって 世界的に名を馳せる、スピリチュアル専門研究機関 『英国心霊研究協会(SPR)』 が設立されたのは、1882年のことである。 このSPR創立当時、 主要メンバーの一人だったのが フレデリック.W.H.マイヤーズ (Frederick.William.H…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心優しき霊獣

中国古来の五行思想(木・火・土・金・水)に 伝わる霊獣、 『麒麟』。 東西南北の中心の位置を占めるといわれているが 『応竜』『鳳凰』『霊亀』等と共に “四霊” の一つとも考えられている。 体高は、約5メートル。 鹿と牛が交わって出来た動物とされており、 体は鹿、尾は牛、蹄は馬。 顔は狼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイルランドの黒猫伝説

18世紀頃のアイルランド、キラキー地方。 この地域には 身の毛もよだつ残虐なゲームが 毎晩行われていた屋敷がありました。 その大きな屋敷では、 黒ミサが毎晩のように催され 悪名高い魔術結社が悪行の限りをつくしている・・・ そんな噂が日常的に囁かれていて、 周辺では、若い女性が襲われたりとか また、近所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見えないパートナー

米国ニューヨーク州ニュー・ポート在住の マリア・D夫人は 物品を手にしただけで その物の由来・過去それに触れた人々の 過去現在未来はおろか、 周囲の詳細な情報まで知ることが出来る、 優れたサイコメトラーの一人である。 1991年9月初旬、 ニューヨーク市警の刑事3人と 弟を殺された、ドリス(仮名)という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージック・パワー

アメリカのD.レイン医学博士は 音楽の持つ治癒能力に着目し、 オハイオ州クリーブランドの医療センターで 長期にわたる音楽療法を実践した経歴を持ちます。 「システムそのものは不明だが ともかく“音楽”には 痛みやストレス、不安感などを取り除く パワーがあることは間違いない」 とのこと。 これまでの報告によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「汝、姦淫するなかれ」。

「汝の名を告げよ。 神の造りたまいし、この人間を苦しめる汝。 イエスの名と力にかけて、名をなのれ。 さあ!名前を!!」 “イエス”“イエズス”“JESUS” これらを耳にするだけで 極端に忌み嫌い、過剰な反応を示す悪魔(または悪霊) は、命令に従わざるを得なくなるが、 当たり前のように白状したり廃されたりする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクソシズムの代償

被憑依者が エクソシズム(悪魔祓い)にかけられると 激しい戦いが表面化する。 それは主に、 悪魔祓い師(エクソシスト)・被憑依者・憑依霊(悪魔・悪霊) の、悪魔祓い儀式における 主役三者の間で繰り広げられる。 (アシスタントとして参加した者達も 無傷ではいられない場合が多い。) まず、被憑依者であるが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誘惑に堕ちてゆく人々

“悪魔憑き”を題材にした映画や小説では あまりにも有名な、 W.フリードキン監督の「エクソシスト」をはじめ 「エミリーローズ」「ポゼッション」 「ポルターガイスト」等々がある。 どの作品も皆、 悪魔に憑かれるのが、少年少女という子供か せいぜい二十歳前の若者ばかりで いくら実例を元にしているといっても、 これで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクソシスト VS 悪魔

4世紀前後の太古から暗躍していた悪魔に憑依された 心理学・物理学の権威であり超能力者でもある カール.V.教授に行った、 悪魔祓い儀式――― エクソシズムは、 彼の生家の書斎で執り行われた。 メンバーは、長年 主任司祭の下でアシスタントとして訓練されてきた ビジネスマン2名、工事長1名、医者1名。 そして、助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more