テーマ:雑学

水晶雑学

水晶の透明さは、 最も美しい結合の一つである。 水晶は鉱物であるのに、 まるでそうではないかのように 透して見ることができる石だ。 その様は 【可視】と【不可視】の中間的次元を 表しているかのようであり 人間に与えられた予知能力や知恵などの、 様々な神秘力のシンボルである。 この解釈に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気高く清く、秋の花。

夏が終わり、季節は秋。 ここ数日で気温がみるみる下がり 秋雨前線が活発化してまいりました。 皆様、元気でお過ごしですか? 海丈です 春・夏を過ぎると、花がめっきり少なくなりますね。 木々の葉の紅葉が秋のメインであり 山茶花や椿という冬の花までの期間、 秋という季節に咲く花は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「晴れ」と「水引」

2016年を迎え、はや4日目となりました。 明けましておめでとうございます 本日から仕事始めの方もいらっしゃったでしょうが 気候穏やかなお正月、 皆様にとりましては どうぞ素晴らしき良い一年となりますように。 さて。 時間はさっさと無情に過ぎるものですが 来週は成人式・・・祝日「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがたい箱のはなし。

むか~し昔。 それはそれは、たいそうありがた~い箱を あの伊勢神宮さまが、 毎年毎年お配り下さっていたそうじゃ・・・。 その箱の名は! お払い箱。 もとい、 『御祓箱』・・・。 いや、本当の話ですよ(笑) 今日の内容は 雑学としてお楽しみ下さいましな{%うれしいwe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジングル・ジンクス

ここの所、更新記事が海外モノ・・・ と、言いますか 連続しておりますけれども、ンま、 ワタクシなりに(笑) 時期柄を考慮してでの事でございますので も少しお付き合い下さいませネ 言わずと知れた、 今日はクリスマス・イヴでごんす。 なので 本日の内容はクリスマスにちなんだものを。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の美しい一角獣

伝説の幻獣、ユニコーン。 一般的には 全身真っ白な馬体に、額中央へまっすぐ伸びた 長いねじり角が生えているという ファンタジックな美しい姿として伝わっていますが そもそもこのユニコーン、 優美な姿からは想像もつかないくらい 獰猛な性格で、俊足とジャンプ力を武器に 象のように巨大な動物へも 恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉良邸討ち入り実情

年末、日本歴史上ドラマの王道として 長年愛されてきた、「忠臣蔵」。 これは、 1702年(元禄15年)旧暦12月14日~15日(深夜)に 赤穂藩主であった、浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)が 切腹・赤穂城受け渡しという事態に追い詰められた際の きっかけとなった人物、 いわば、旧赤穂藩城主と家来で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス雑学

クリスマスは、12月25日 イエズス・キリストの誕生を祝う日とされています。 ですが 12月25日がキリストの誕生日というのは デタラメ・・・と言いますか、 イエズスの誕生日は、今もって不明のまま。 聖書にも記されてはいません。 12月25日=キリスト誕生日として語り継がれ 現在もこうして御祭りされている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本と猫のステキな関係

先日、外出帰りに寄った書店で購入した漫画本。 【蔵のある家】波津彬子著 大好きな作家さんなのです 波津彬子さんの、お姉様だった方も漫画家で(PN.花郁 悠紀子) 若くしてお亡くなりになったのですが 花郁さんも大好きでした・・・ (イラスト集も持ってるだよ宝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奴隷出身の植物学者

アメリカのミズーリ州で 南北戦争直前に奴隷の子として生まれ、 やがて ピーナッツや、さつまいもから 化粧品・インク・コーヒーなどの 生活必需・密着品を開発、 その数300以上にも登る製品を生み出した 南部奴隷出身の偉大な植物学者、 ジョージ・W・カーヴァー。 (George Washington Car…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空海が伝えたお菓子

804年。 弘法大師空海は海を越え、 唐へと渡り、順宗帝に招かれました。 その時、 亀甲形をした、“あるお菓子”が出されたそうです。 見たことも無く食したことも無いその菓子は、 パリパリと触感も良く おまけに、と~っても美味しかったみたいで、 すっかり病み付きに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージック・パワー

アメリカのD.レイン医学博士は 音楽の持つ治癒能力に着目し、 オハイオ州クリーブランドの医療センターで 長期にわたる音楽療法を実践した経歴を持ちます。 「システムそのものは不明だが ともかく“音楽”には 痛みやストレス、不安感などを取り除く パワーがあることは間違いない」 とのこと。 これまでの報告によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月と水の親密度

太陽が“陽”であるのに対し、 月は“陰”。 その昔、中国では 雨、霜、霧、露・・・などの「水」気を含むものは すべて“陰”である月に属するものだと 考えられてきました。 なので、お天気が悪いのは 「すべて月のせい」・・・なんだそうで。 他に パキスタンでは、露を「月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス語源のキャディさん

最近、すっかりBL要素が薄くなってきて 読むコミックも、いつの間にか ごく普通の女性向けマンガを読む率、上昇中 チラホラ夢の世界へトリップしている 時々乙女な海丈です(笑) 皆さま、ご機嫌宜しゅう 先月あたりに購入したマンガ単行本は (雑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「呪い」は臭かった

世界的に有名で、 一般大衆にも知られている「呪い」といえば・・・ “ツタンカーメン王の呪い”。 それは、 1922年に発掘された、古代エジプトの少年王 ツタンカーメンのミイラが 大きな盗掘被害に遭っていない、ほぼ無傷な状態で 宝物と共に発掘された後、 何故か、その関係者が次々と怪死していった。 実に20数人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あなたまかせ」のアナタは誰?

「あなたまかせ」という言葉ですけれども、 まぁ、一般的にどうかと申しますと マイナスイメージが纏わり付く言葉ですよね。 自分の力でやろうとしないで、 たやすく他人に頼る態度を非難する時に使う、常套句。 ですから 「あなたまかせ」の“あなた”とは 自分以外の人のことに決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二つの名を持つ甲状軟骨

甲状軟骨 ―――、通称 “喉仏”。 医学上の名前で「軟骨」と付いていますが やわらかいのは子供の頃だけで、 年齢を重ねるに従い、硬くなってきます。 “喉仏”と通称されるのは 火葬場で説明されるとおり、その形が 仏様が、手を合わせて座っているように 見えるから。 でもこの“喉仏”、 西洋では全く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香りは偉大

生存のため・ひいては子孫種族繁栄のために 動物や、昆虫にまで備わっている “匂い”物質・フェロモン。 これが無いと、結婚できない子供できない一生ボッチ。 つきつめれば、種族が滅亡しちゃうんだ 理性・知性のない生物までが これを持っているということは “匂い・香り”というものは「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間縛って何故「おサル」?

TVとかの毎度おなじみワンシーンで、 人質が声を出して騒がないよう 手ぬぐいや長いものを口にかませてくくりつける パターンがありますが。 これ、 『猿轡(さるぐつわ)』 と言いますよね。 しかし何故、人間を縛るのに “猿”ぐつわと言うのでしょう? 人間の祖先が、猿だからではありません。 猿に似ているからで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツネと お天気。

どうしたことでしょう、 今年の冬は、関東も雪の当たり年 幸い今までは土日曜日を中心に降ってくれているのが 天の助けだったのですけれども。 また18~19日くらいに降雪予報が出てるようですので 今度は泣いても笑っても平日 交通の面を考慮して、つらいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じ「香」でも。

皆様、ご機嫌宜しゅう。 新年一月も過ぎ、深夜ではございますが二月初日、 如何お過ごしでしょうか。 さて、本日は 日本に古くからあるおつまみっぽい食べ物・・・ とでも言いましょうか、 「お漬物」のマメ知識など。 まず「お漬物」って 別名、「香の物」とも言いますよね。 特に懐石料理の場などでは。 しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多くの名を持つ国

日本は不思議な国。 その不思議の中に、『「名前」の多さ』がある。 ひとつの人種・ひとつの言語内という 極めて限定されている小範囲の枠組み内に 挙げてみれば、 これだけの呼び名があるのです。 日本「ニホン」 日本「ニッポン」 日本「ヒノモト」 大和「ヤマト」 倭国「ワコク」 日出国「ヒイズルクニ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more