テーマ:占い

“相”による予知

1914年。 一英国仕官であった、O.シットウェル氏の日記には こんなことが書かれていたそうです。 所属部隊はそれぞれ違うが 同じ英国仕官の、よき友人達が ある日数人で集い、連れ立って “あのチャーチル(当時は首相ではなく大臣)も 時々占ってもらっている” という、 さる高名な手相占い師が町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉八雲と易占老人

日本へ帰化し、紅毛の文豪として 明治時代に名を馳せた、 小泉八雲(1850.06.27.-1904.09.26. Patrick.L.Hearn) 彼の代表作 『怪談(kwaidan)』(1904年作)が示すとおり、 庶民俗的な・という条件付きですが 八雲は神秘的なものに対する好奇心が、強かったらしいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャーマニズム・狂気の予言

古代ギリシア・ローマ時代には 「予言」といわれるもののうち、大きく分けて 二つの系統がありました。 哲学者プラトンは、 この二つの系統を 実に解りやすい言葉で表現していました。 一つは自然観察やルールにのっとって行う占い。 これを、『正気の予言』。 もう一つは、 神が預言者へ憑依した幻視によっての予言。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢と命式

四柱推命に限定されてしまうのですが 非常に興味深く、 記憶に残っているお話。 四柱推命の占い師さんが 「よく夢を見る」と言った お客さん二人の命式を出し比べてみたところ、 とても明確で分かりやすい ある“違い”があったそうです。 「日頃から生活に密着してありふれた夢を見ます。 内容?そうですね・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

占いの本質とは

古代メソポタミア人は 神に捧げられた犠牲獣の内臓に 神のメッセージが込められていると考えました。 祭祀の後で犠牲獣を解剖し 内臓の色や形、特殊な形状などを調べ そこから 神のメッセージを読み取りました。 また、生物だけでなく、 神殿などの壁の割れ目や、炎や、 その煙などの色や形・・・ 実に様々なものを 「神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計における代表的な運命パターン

霊感とか占いとか スピリチュアルには、まったく関係無しで 統計面のみで視点を変え、アプローチしてみると 人生――― いわゆる、「運命」ともいうべき パターン(雛形)が 大まかではあるけれども、 垣間見えてくるものです。 それを元に 占いや直感に加えて、 個人の簡単な未来に起こる出来事や 個人の思考グセ(方向性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史的快挙の うら(占)話。

皆様、今晩は 殆どの方が本日、仕事始めだったと思います。 休日モードから体のリズムが醒めきってないと、あと2~3日は 少々辛いかもしれませんが 人間、慣れです慣れる生き物です 粛々と日常生活を過ごして 通常モードに戻りましょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

占術とは

現代の情報過多、情報の洪水で生きてゆくにあたり 大まかでも できるだけ先の出来事を知ることが、 多々ある中の、一つの勝因となります。 ですがその“先の出来事”――― 要するに 未来を予見する『未来予知』のことですが それを手に入れる・知る方法として、 占術は、比較的手軽な手段であります。 未来予知の方法、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星はめぐる

2013年最後の月、今月も いよいよ中旬入りとなりました。 今年も残すところ、約二週間だけですね~。 今晩は!海丈です 今夜は素人視点の星語り、などを。 2013年の今年は、占星術のハイライトとしては グランドトラインが騒がれていましたが、 (ホロスコープ上で3個以上の星や感受点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失意の放浪カバリスト

日本では全くと言っていいほど知られちゃいないが、 ユダヤ教では、 超有名なカバリスト(カバラ信者)。 A.アブラフィア。  (Abraham Ben Samel Abulafia 1240年~1292年 スペイン) 彼は、「偽メシア」と呼ばれた 失意のカバリストです。 13世紀スペインはサラゴサに生まれた彼は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無料で楽しい占い遊び

皆様、今晩は 台風が予定進路コースをやや逸れてくれて何よりですが こちら関東では明日が山場だそうで 大雨の恐れかぁ・・・ ちっきしょーいつになったら布団を盛大に干し 洗濯機フル回転できる晴天になるのやら。 ・・・というわけでスミマセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衰退期に現れた 大占星術予言者

プロの西洋占星術師を語っておきながら、 この人物の名を知らない人間は、モグリです プロなのに、彼の名すら知りませんでした・というのであれば 馬鹿にされるレベルであり、勉強不足もいいところ(笑)。 鼻で笑われても仕方が無いですね ウィリアム・リリー。 (W.Li…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

計算を愛した占星術師

皆様、今晩は 今日の関東は一日強風に晒されておりましたよ。 おかげで髪の毛がザンバラざます 1日に占星術ネタを披露しましたので、 ついでに今日もサァいってみようかー コペルニクスが唱えた「地動説」を決定的とし 揺るぎないものに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年星の特徴

梅雨です 真っ盛りです。湿気すごいです。 動くと汗が滲んでくる今日この頃、如何お過ごしでしょうか皆様。 さて、久々にwebへ舞い戻ることが出来ましたが まず最初に一言。 前回更新内容、 見事きれいなまでに木っ端微塵のごとく大ハズレしやがりました。 さすが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more